小顔整形まるわかりナビ » 切らずに小顔にする方法でベストなのは?小顔整形メニューリスト » あごの形を変える(ヒアルロン酸)

あごの形を変える(ヒアルロン酸)

こちらでは、切らずに小顔にする施術法「ヒアルロン酸」の治療法やケアの方法についてまとめています。

小顔注射が得意なクリニックをご紹介

ヒアルロン酸は、小顔治療の中では手軽でトライしやすい方法ではあります。しかし、顎は人目につきやすい部分。違和感のない自然な仕上がりはやはりドクターの腕が大事です。ここでは、おすすめのクリニックを2院をご紹介しますね。

タカミクリニック

タカミクリニックの画像■アクセス…東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅『A4』出口を出て徒歩4分
■所在地…東京都港区南青山3-18-20 松本ビル3階・4階・5階
■営業時間…10:00~19:00(金のみ 11:00~20:00)電話受付時間10:00~20:00
■休診日…水曜日
タカミクリニックの公式サイトはコチラ>>

おすすめポイント

  • 院長によるタカミ式ヒアルロン酸注入法が評判
    表参道で17年、メスを使わずに治す治療を追求しているクリニックです。だからこそ、小顔治療でも注入法を得意としています。
    高見院長が診察から注入まですべてを担当。世界最大手のヒアルロン酸メーカーであるQ-MED社からその実力を認められて、顧問指導医に認定されています。
    なんとスタッフの中には、小顔整形の施術を受けている人がいるのだとか。小顔整形や痩身治療を受けたのがわかるようにバッジを付けているので、クリニックに行けば小顔治療の素晴らしさを実際に見ることができますよ。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニック■アクセス…JR山手線原宿駅『表参道口』より徒歩5分 東京メトロ各線 表参道駅『A1出口』より徒歩3分 明治神宮前駅『4番出口』より徒歩3分
■所在地…東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4階
■診療時間…月火木金 11:00~20:00、土 11:00~19:00、日祝 10:30~18:00
■休診日…水曜日
表参道スキンクリニックの公式サイトはコチラ>>

おすすめポイント

  • 100%ピュア・ヒアルロン酸注入は高品質&低価格
    小顔治療で評判の表参道スキンクリニックはヒアルロン酸注入でも選ばれています。
    安全で安心の100%ピュア・ヒアルロン酸のみを使用しているのに、費用はなんと初回24,000円からというリーズナブル価格です。
    美容整形が専門の医師がカウンセリングに時間をかけ、丁寧に施術をしてくれますよ。
    腕の良い先生が高品質の成分を使うから、ナチュラルで仕上がりのバランスが絶妙です。

ヒアルロン酸で小顔に見せるテクニックとは?

美容整形で行われている治療法のひとつ「ヒアルロン酸」の注入。「小顔になることが目的であるのに、注入してしまうと逆効果では?」と疑問に思われる人もいるのではないでしょうか。

実は顔の輪郭を美しく見せるには、あご先が尖り気味で、前にやや突き出たラインが理想とされています。もともと小顔であっても、あごのラインが曖昧であったりすると、輪郭がすっきりせずシャープ感が感じられなくなります。

また、そういった場合は、横側から見たときも理想のラインから遠ざかってしまいます。

このようなタイプの人は、ヒアルロン酸を注入してあごのラインを整えてあげると、キュッと引き締まった、ご自身が理想とする小顔に近づくことができます。

何よりも、ヒアルロン酸はもともと体内に存在している成分であるため安全性が高く、安心して施術をうけることが可能です。

施術後のダウンタイムと持続効果について

時計の画像■ダウンタイム
ヒアルロン酸を注入すると、部位やその周辺や腫れや内出血が起きることがあります。期間は、数日程度であるため、比較的ダウンタイムは少なくて済む施術です。
注射器で注入する施術は、注射針を部位に刺すだけですので、痛みもほとんどなく、傷痕も目立ちにくい施術となります。

■ヒアルロン酸注入の持続効果
ヒアルロン酸には種類があり、注入する場所に合わせて種類を使い分けます。あごに使用するのは、硬めでしっかりと形を整えられるものが好まれるようです。
種類に応じて、ヒアルロン酸の持続効果は、短い場合で約3~6カ月、長い場合でも6~8カ月。実際には、ヒアルロン酸は体内に少しずつ吸収されてなくなっていくため、もっと早く感じる人もいます。

メリットデメリットについて

施術を受ける前にメリット・デメリットをチェックしましょう!

メリット デメリット
メリットの画像 デメリットの画像
■ヒアルロン酸は人間の身体に存在する成分であるため安全
■身体にかかる負担が少ないため、ダウンタイムも短い
■切開するような手術をせずにあごの形を整えられる
■ヒアルロン酸は化粧品にも含まれる成分であるため安心
■注入してしばらくすると身体に吸収されていくため
■繰り返し注入を続けなければヒアルロン酸の効果が維持できない
■半年程度しか効果が持続しない(1度の施術で半永久的は望めない)

ヒアルロン酸であごの形を整える仕組みについて

美容整形を考えるなら、施術の種類を問わず初めに知っておきたいのがその施術の仕組みと働きについてです。どういう効果を求めて科学的にどうアプローチするものなのか?を正しく理解することにより、施術への不安を解消できるでしょう。

そもそもヒアルロン酸ってどんなもの?

コラーゲン、セラミド、プラセンタ、そしてヒアルロン酸・・・、化粧品にもよく使われていてなじみのある単語ですが、それぞれの組成や違いをきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?そこで、まず「ヒアルロン酸とは何か?」からご説明していきましょう。ヒアルロン酸は牛の眼球の硝子体から発見された物質で、人間の体内にも至るところに存在しています。ムコ多糖類という糖質から成っており、大きな特徴はその保湿力です。何とわずか1グラムで6リットルの水分を保持できるといわれています。化粧品に多く用いられているのもうなずけますね。

美容整形への応用の始まり

ヒアルロン酸の発見は1930年代のことでしたが、美容整形への応用が始まったのは1990年代になってからのことです。それまでは美容目的の注射としては、主にコラーゲンが用いられていました。けれども、コラーゲンの中でも動物由来のタンパク質がアレルギーの副作用を起こすリスクが知られるようになるにつれ、アレルギーの心配のないヒアルロン酸に取って代わられるようになってきました。

他の施術と比べたヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在している物質ですから、加齢とともに減少していくのを補うことは美容にとても効果的です。また、副作用の心配もありません。あごの形に絞って言えば、「二重あごを小さくしたい」という場合は脂肪吸引やボトックス注射が効果的ですが、反対に「あごが小さ過ぎる」「あごのラインをきれいに整えたい」という場合は、「減らす」のではなく「増やす」施術のヒアルロン酸注射が向いています。

参考:
2006年 山田廣生(金沢医科大学)「ヒアルロン酸及びコラーゲン注入後の皮膚組織反応の検討」
2005年4月 乃木田俊辰(新宿南口皮膚科)・川島眞(東京女子医科大学皮膚科学教室)「ロボスキンアナライザーによるしわ治療の評価」

ヒアルロン酸とレディエッセ 徹底比較!

ヒアルロン酸と並んで、使用されているレディエッセ。ヒアルロン酸と同じくあごや鼻の輪郭形成などに効果があるといわれています。人気のヒアルロン酸とレディエッセに共通する部分や、違いについて比較してみます。

ヒアルロン酸

主成分

人間の、皮膚や眼球にある粘性の高い成分。ムコ多糖類であるため、アレルギー反応が出にくいとされています(まったく出ないわけではありません)。水と相性がよいため、注入すると肌がふっくらとした感じになります。

効果

シワ・たるみ傷跡などのくぼみに効果があるとされています。ヒアルロン酸を注入することで、膨らみが出るため影ができにくくなり、凹みが目立たなくなります。

あごの輪郭形成にはもちろん、年齢を重ねることで、凹んでしまうこめかみや頬骨のあたり、ほうれい線にも膨らみを持たせるため若々しい印象を与えることができます。

また、くちびるに注入することで縦ジワを薄くし、ボリュームアップにも。注入は、細い針で皮膚を持ち上げるようにして行います。

持続期間

3~6カ月または、6~8カ月

(ヒアルロン酸の種類や個人差により異なります)

レディエッセ

主成分

レディエッセの主成分は、整形外科や歯科といった医療機関で、長きにわたり使用されている「カルシウムハイドロキシアパタイト」という成分です。

歯や骨を形成するためのもので、カルシウムベースの粒子となっているため、アレルギーの心配はありません。注入後は、早くに効果を実感することができるといわれています。

効果

鼻、あごの輪郭形成および、ほうれい線シワ改善にも有効といわれています。ヒアルロン酸との違いは、目の周り(こめかみなど)やくちびるといった皮膚の薄い部位には使用することはできません。

持続期間

1年半。自己コラーゲンが生成される成分が含まれているため、ヒアルロン酸と比べて、持続性はレディエッセの方が長いとされています。(個人差により異なります)

結局、ヒアルロン酸とレディエッセのどちらを選べばいいの?

ヒアルロン酸とレディエッセでは、美容整形を行いたい目的とその部位によって使い分けが必要となります。先述の通り、それぞれ注入可能な部位が異なるため、予め理解しておくとよいでしょう。

あごの形を整えることが目的である場合は、ヒアルロン酸、レディエッセのどちらも使用することができます。少しでも長期間、持続効果を期待したい人はレディエッセ。

万が一、思うようなデザインにならなかったときや、施術に不安がある人は、レディエッセと比べて早めに効果が薄まるヒアルロン酸を選ばれるとよいかもしれません。

カウンセリングの際、あなたが理想とするあごのラインや予算を医師に伝えて、持続性やダウンタイムについても、しっかりと確認しておきましょう。

そのうえで、ヒアルロン酸、レディエッセのどちらが適しているのかを明確にしてから、施術を受けられることをおすすめいたします。

【東京】小顔整形でのヒアルロン酸注入治療料金一覧表

ここでは、小顔整形で人気のヒアルロン酸注入を行っている都内のクリニックをご紹介していきます。ヒアルロン酸注入は一見簡単な施術ですが、トラブルのない安全な施術や美しい仕上がりを実現するためには熟練の医師のもとで施術を受けることが肝心。こちらでご紹介しているのは、どのクリニックも医師の腕の良さで定評のあるクリニックばかりなのでおすすめです。

また、それぞれのクリニックのヒアルロン酸1ccあたりの料金を一覧表にしてみましたので、料金が気になる方はこちらも比較材料の一つとして見ていただければと思います。

クリニック名 1cc あたりの料金
表参道スキンクリニック 24,000円~
銀座みゆき通り美容外科 38,000円(公式ページでは2cc 76,000円)
銀座フェイスクリニック 39,000円
大塚美容外科 80,000円~
東京イセアクリニック 88,000円
城本クリニック 98,000円
タカミクリニック 108,000円~
聖心美容クリニック 110,000円
リッツ美容外科 120,000円
共立美容外科 162,000円

ヒアルロン酸注入が受けられるクリニックと料金

ヒアルロン酸注入の価格は、クリニックごとにかなり異なっています。施術部位やヒアルロン酸の種類によっても金額は変わりますが、表参道スキンクリニックの1ccあたり24,000円が最も安いようでした。
ただ、クリニック選びの際は、安いからと言って安易に飛びつくのはNG。 クリニックの方針・アフターフォロー体制・医師の実績なども確認し、実際にカウンセリングで医師と話してみて、「施術内容に納得できる」「この先生にお願いしたい」と思えるかどうかで決めるようにしましょう。

表参道スキンクリニック

ヒアルロン酸注入の料金
  • 1cc…24,000円~(目の下・ほうれい線・マリオネットラインに注入した例)
  • あご・隆鼻 1cc…80,000円
  • ※初回キャンペーン…0.1cc 4,800円~
住所 東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4階
診療時間
  • 月火木金 11:00~20:00、土 11:00~19:00、日祝 10:30~18:00
  • 水曜休診
院長 松木 貴裕 先生

経験・実績のしっかりした医師のみが施術を行うので仕上がりが抜群。 使用するヒアルロン酸は、患者さんの安全・安心のため高品質で効果の高い100%ピュア・ヒアルロン酸のみ。バイオテクノロジーによって精製されたものなので、感染症の心配がありません。料金も良心的なのでおすすめ度は高め。

銀座みゆき通り美容外科

ヒアルロン酸注入の料金
  • あご形成(2cc/1本)…76,000円
  • ※高濃度ヒアルロン酸クレヴィエルの場合(1cc/1本)…76,000円
住所 東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階
診療時間
  • 10:00~20:00 年中無休
  • 完全予約制
院長 水谷 和則 先生

丁寧な注入にこだわりあり。一人一人異なる皮膚・筋肉の状態を見極め、部位に合わせて注入位置・深さ・注入量を慎重に調整してくれます。ヒアルロン酸の種類は厚生労働省認可のジュビダームビスタなど、安全性・有効性の高いもののみを使用するので安心。麻酔入りタイプの用意もあります。

銀座フェイスクリニック

ヒアルロン酸注入の料金
  • ウルトラプラスXC 0.1cc…3,900円
  • ボリューマーXC 0.1cc…5,900円(2倍長持ちタイプ)
住所 中央区銀座7-11-6 GINZA ISONOビル 4F
診療時間 11:00~20:00 不定休
院長 奥田 宗央 先生

顎や鼻などのプチ整形に使うヒアルロン酸は、厚生労働省認可の「ジュビダームビスタ・ウルトラプラスXC」。局所麻酔が入っているので痛みに弱い方も安心して受けられます。小顔・輪郭整形を得意としているクリニックなので、あごのヒアルロン酸注入の腕前も◎。

大塚美容外科

ヒアルロン酸注入の料金
  • あご注入術1cc/1本…80,000円~
住所 東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
診療時間 9:00~19:00 年中無休
院長 石井 秀典 先生

あごの高さと長さのバランスを考慮し、美しい輪郭作りにこだわった施術で患者さんから好評。丸みのあるあごを希望するならヒアルロン酸、シャープな輪郭にしたいのであればレディエッセ(ハイドロキシアパタイトという骨や歯を形成する成分が主成分)がおすすめとのこと。

東京イセアクリニック

ヒアルロン酸注入の料金
  • ヒアルロン酸0.1cc…8,800円
住所 東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
診療時間 11:00~20:00 不定休
院長 吉種 克之 先生

イセアクリニックでは、ヒアルロン酸注入を低額で受けられるよう、1本単位での販売は行わないそうです。患者さんの状態に合わせ、医師が0.1cc単位で量を調整しながら最善の結果となるよう施術していきます。また、注入額が1回の注入で42,000円を超える場合、1か月以内の修正は無料となるので、「ここをちょっと治したい」という時も安心。

本気で小顔になりたい!と思っている方におすすめ!
小顔整形クリニック比較はこちら>>

PAGE TOP