小顔整形まるわかりナビ » 確実に小顔にする方法でベストなのは?小顔整形メニューリスト » 脂肪吸引

脂肪吸引

こちらでは、「顔の脂肪吸引」の小顔整形について、ケアなどの基礎情報を紹介しています。

顔の脂肪吸引の治療法ってどんなもの?!

脂肪吸引は、皮膚に細い管を差して、皮下脂肪を直接吸い取る治療法です。手術時間は1カ所でだいたい10~20分程度ですみます。

ボディへの施術が一般的ですが、最近は小顔治療でも注目されてきました。二重あごや頬の肉付きに悩んでいる方におすすめです。

顔への施術は、耳の付け根から管を通して吸引するので傷跡は目立ちません。本来顔には体ほど多く脂肪がついているわけではないので少ない範囲で吸引が行われるのでボディよりは負担が少ないです。

二重アゴや頬といった脂肪を取ると理想的なフェイスラインになり、小顔に見せることができます。

脂肪吸引で気になることといえば、やはり痛みです。手術中の痛みは麻酔によって緩和されますが、手術後は炎症を少なからず起こるでしょう。内出血が起き、鈍痛が続くことになります。

気になる痛みについては、これは担当したドクターの腕にも左右されます。当然ながら、技術の高いドクターの方が痛みが少なくて済むのです。ですから、クリニックを選ぶ時には、口コミを調べたり、実際にカウンセリングにいってみたり、きちんと信頼できるところを見つけましょう。術後には、痛み止めを活用するなど痛みを減らす方法もあります。そういった配慮があるかどうかもカウンセリングで聞いてみると良いでしょう。

顔の脂肪吸引が向いている人・向いていない人

大いに興味をそそられる脂肪吸引ですが、ボディとは違って顔の場合には気をつけなければならないことがあります。それは、そもそも自分の顔の状態が脂肪吸引に「向いているか・向いていないか」という点です。

言い替えれば、気になる今の状態が脂肪吸引によって「解決されるか・解決されないのか」ということですね。ここをまずしっかり押さえておきましょう。

こんな人には顔の脂肪吸引には向いていない!

  1. ほうれい線にシワのある人
    ほうれい線にシワのある人が脂肪吸引を受けると、シワが深くなってしまうことがありますのでおすすめできません。
  2. 頬にたるみのある人
    頬のたるみは脂肪ではなく皮膚のたるみなので、脂肪吸引をしても効果がないばかりか、脂肪が減った分さらにたるみが目立ってしまうことになります。
  3. 咬筋の発達している人
    「咬筋」とは、歯を食いしばったときに硬くなる頬の筋肉のことです。見た目は頬に余分な脂肪があるように見えるかもしれませんが、この場合はその余分なものの正体は脂肪ではなく筋肉が主です。ですから、脂肪吸引を受けても目立った効果は望めません。

こんな人は積極的に顔の脂肪吸引を検討する価値あり!

  1. 顔が大きくて悩んでいる人
    「顔が大きい」ということにも、理由はいろいろあります。まず、もともと頭が大きい人や正面から見た顔の骨格ががっしりしている人は、当然顔は大きく見えてしまいます。また、背が小さい人の場合も相対的に頭が大きく見えてしまいますので、それと同時に顔も大きく見えてしまうわけです。

    けれども、そういう条件を差し引いても、「他の人と比較して顔が大きく見える人」がいます。その理由は、主に頬についている脂肪の量が他の人よりもほんの少し多いということが大きいでしょう。こういった方が、その「ほんの少し」の脂肪を吸引して小顔になり、気持ちも明るく生まれ変わったようになれるなら素敵なことですね。
  2. 顔の輪郭がすっきりしなくて悩んでいる人
    顔が大きいわけではないのに、何となくフェイスラインがすっきりしないと悩んでいる人も多いようです。一生懸命ダイエットをしても、顔の輪郭まではなかなか変えられないのにはがっかりですよね。

    こんな人こそぜひ考えてみていただきたいのが脂肪吸引です。ほんの何ミリかのライン、ほんの何度かの角度を変化させ、理想に近づけられることができるなら憧れてしまいますよね。
  3. 二重あごで悩んでいる人
    太っているわけではないのに、あごだけがなぜか二重で困っているという人もいます。頬の脂肪吸引をされる方と同じくらい、あごの脂肪吸引をされている人もいます。

    二重あごの原因は余分な脂肪のほかに姿勢の悪さなども考えられますので、そういった可能性も含めて信頼するドクターに相談するとよいでしょう。原因が脂肪にはないのに脂肪吸引をすすめてくるようなところには要注意ですね。
  4. 親が年を取ってきて頬がたるんできた!という人
    若いころはそうでもなかったのに、年齢とともに頬のたるみが目立つようになってきたという人がいます。

    こういうことは遺伝的な要素も大きいので、ご自身のお父様やお母様がこういうタイプなら、同じような感じにならないための事前の予防策として若いうちに脂肪吸引を行っておくのもよい考えです。病気に例えるなら「かかってから治療する」のではなく「かかる前に防ぐ」という考え方ですね。

    症状が出てから行うよりも外見の変化も小さく済みますので、施術を受けたことが目立たないのも利点です。

いかがでしょうか?自分が脂肪吸引に向いているのかそうでないのか、これをお読みいただいただけでははっきりとはわからないかもしれません。そんな場合は一歩進んで、信頼できるドクターへのご相談をおすすめします。

ダウンタイムと持続効果について

時計の画像■ダウンタイム
ダウンタイムは3日~1週間ほどかかります。

■持続効果
半永久的ですが、顔に脂肪がつかないように、普段の食生活を気をつけたり、運動を取り入れるなどをして小顔をキープすると良いでしょう。

メリットデメリットについて

施術を受ける前にメリット・デメリットをチェックしましょう!

メリット デメリット
メリットの画像 デメリットの画像

■ピンポイントで脂肪を取り除くことができる。
■手術は1回で済み、繰り返し通わなくても良い。
■ボディの脂肪吸引に比べて施術範囲が狭く、体への負担が小さい。
■麻酔の使用により、手術中の痛みはない。
■ダウンタイムが短く、施術を受けたことを周囲の人に気づかれにくい。
■切開する場所は耳たぶの裏なので手術痕は目立たず、周囲の人に気づかれにくい。
■特に食事制限や運動を義務的に取り入れなくともリバウンドが起きにくい。
■良いドクターなら仕上がりがキレイで持続期間も半永久的。

■先生の腕によって仕上がりが違い、痩せ効果を感じにくいことがある。
■皮膚がデコボコになったり、頬がこけてしまったり、失敗する恐れもある。
■脂肪を取り過ぎてしまうと、元には戻らない。今度は脂肪を注入する修正手術が必要になる。
■施術中や施術後の痛みがある。
■腫れや内出血があり、ダウンタイムが長くなる。

顔の脂肪吸引ができるおすすめのクリニックをご紹介

脂肪吸引の施術を行っているおすすめのクリニックを、以下にご紹介しますね。

高須クリニック 東京院

高須クリニック■アクセス…地下鉄千代田線赤坂駅 『5a番出口』または『2番出口』より徒歩2分
■所在地…東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12階
■営業時間…10:00~19:00
■休診日…不定休
高須クリニックの公式サイトはコチラ>>

おすすめポイント

  • 30年以上の実績とノウハウを活かした脂肪吸引
    高須クリニックは患者数が多いですから脂肪吸引の施術件数が違います。
    安全で高品質な最新マシンや注入薬剤を厳選しているということ。
    カウンセリングにも時間をかけるので不安を感じている方でも相談しやすいと思います。
    手術後も24時間対応の相談サービスがあり、アフターケアが万全です。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニック■アクセス…JR山手線原宿駅『表参道口』より徒歩5分 東京メトロ各線 表参道駅『A1出口』より徒歩3分 明治神宮前駅『4番出口』より徒歩3分
■所在地…東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4階
■診療時間…月火木金 11:00~20:00、土 11:00~19:00、日祝 10:30~18:00
■休診日…水曜日
表参道スキンクリニックの公式サイトはコチラ>>

おすすめポイント

  • 二重あごで悩んでいる方に脂肪吸引モニター50%OFFのチャンス
    小顔治療で定評のあるレベルの高い医師が揃ったクリニックです。二重あごや頬のふくらみに悩む患者さんが脂肪吸引を受けています。
    リバウンドしにくい自然でキレイな仕上がりであると評判です。
    はじめての方ならモニター価格で50%OFF。クオリティの高い施術がお得になります。
    最適なプランを提示してくれるので相談にいってみると良いですよ!

本気で小顔になりたい!と思っている方におすすめ!
小顔整形クリニック比較はこちら>>

PAGE TOP