小顔整形まるわかりナビ » 確実に小顔にする方法でベストなのは?小顔整形メニューリスト » フェイスリフト

フェイスリフト

昔に比べ顔が大きくなったと感じる方は、フェイスリフトをうけるとよいかもしれません。なぜ、フェイスリフトがオススメなのでしょうか。小顔整形にフェイスリフトがオススメの理由を解説します。

顔が大きく見える理由

顔が大きく見える理由のひとつとして挙げられるのが顔のたるみです。重力に従い顔の皮膚が垂れ下がると、フェイスラインが崩れるため顔は大きく見えます。

顔のたるみの原因として挙げられるのが表情筋・深層筋の衰えです。表情筋・深層筋は、使わないことや加齢などで衰えます。スマホやパソコンが普及してから顔の筋肉を使わない方が増えたので、若い方でも表情筋・深層筋の衰えは確認できるといわれています。これらの筋力が低下すると、その上に重なる脂肪や皮膚を支えきれなくなるのでたるみが生じます。

顔の筋力の低下は、脂肪の増加も招きます。脂肪を燃焼しづらくなるからです。顔の脂肪が増えると表情筋・深層筋にかかる負担は大きくなるので、顔は益々たるみます。身体の筋肉に比べ動かすことが少ないので、衰えた顔の筋肉を鍛えること、顔についた脂肪を燃焼することは難しいとされています。セルフケアで顔の筋肉を鍛えて脂肪を落とすこと、顔のたるみを改善することは難しいと考えられています。

たるみの解消に効果的なフェイスリフト

たるみの解消に効果的な治療、あるいは整形がフェイスリフトです。フェイスリフトは、切るフェイスリフトと医療糸を使ったフェイスリフトなどに分かれます。

切るフェイスリフトは、顔の皮膚を切開して余っている皮膚を切除、SMAS(表在性筋膜)を引き上げるなどしてたるみを改善する整形です。高い効果を期待できる一方、切開した部分に傷痕が残る、1週間程度のダウンタイムが生じるなどのデメリットがあります。医療糸を使ったフェイスリフトは、糸でたるんだ皮膚を引き上げる、あるいは糸でたるんだ組織を引き締める治療です。切るフェイスリフトに比べ負担が少ない、傷跡が残りにくいなどのメリットがある一方、症状によっては効果を実感しづらいなどのデメリットがあります。

切るフェイスリフト、医療糸を使ったフェイスリフトの特徴は異なりますが、いずれにも顔のたるみを改善する効果が期待できます。

フェイスリフトで小顔になれる理由

顔がたるむとフェイスラインがぼやけるため顔は大きく見えます。頬がたるんでフェイスラインがブルドッグ(四角)のようになった状態をイメージするとわかりやすいと思います。フェイスリフトは、たるみを改善してフェイスラインをスッキリさせます。四角になったフェイスラインを元の状態に戻すことも可能です。顔が大きく見えていた原因を改善できるので、フェイスラインには小顔効果があるといえます。顔がたるんで大きく見えている方は、フェイスリフトを検討するとよいでしょう。

すべての方に小顔効果を期待できるわけではない

フェイスリフトに小顔効果を期待できるのは、顔がたるんで大きく見えているケースです。異なる原因が潜む方には適していません。例えば、骨格そのものが大きい方は骨を削る小顔整形手術、顔にたくさんの脂肪がついている方には脂肪吸引などが適しているかもしれません。小顔になるための最適な整形は、美容クリニックで教えてもらえます。顔が大きく見えるとお悩みの方は、美容クリニックで相談するとよいでしょう。

本気で小顔になりたい!と思っている方におすすめ!
小顔整形クリニック比較はこちら>>

PAGE TOP